株を上手に購入する方法

株をじょうずに購入するためにはどうしたらよいのでしょうか。まず購入する上で、はじめに意識しなければならないことは「どんな手法で稼ぎたいか」ということです。利益を増やしていく方法は、投資スタイルや目標金額で大きく変化するものだからです。まず第1の「どんな手法で稼ぎたいか」ですが、ここを決めずに本やネットでの知識をそのままマネすると損をしたりまったく稼げなかったりすることを繰り返すことになります。年齢や性別、子供がいる、いないなどライフスタイルに合った投資手法を選択する必要もあります。投資手法としては大きく3つに分けることができます。「短期投資」「中期投資」「長期投資」の3つです。「短期投資」とは1日~数日の期間での投資です。メリットとしては大きな損失がなく、資金をすぐ回せ、大きな利益を得ることもできます。デメリットとしては、損失ばかり続くと取引が停止になってしまいます。また複利の効果が得られにくく、手数料がとても割高になってしまいます。「中期投資」とは半年~1年の期間での投資です。メリットとしては、短期投資と違い頻繁に売買する必要がないことや配当金、優待の楽しみがあることです。また短期投資と違い大きい利益とは言えませんが比較的短い期間で利益を得ることができます。デメリットとしては、損切りが難しいことや銘柄の選択が難しいです。特に売りのタイミングが難しいです。最後の「長期投資」とは、3年~10年の期間での投資です。メリットとしては、なによりも基本的にほったらかしで大丈夫だということでしょう。しかも複利の効果が得られますし、分散投資をすればリスクはとても低くなります。デメリットとしては、資金がすぐはいってこないので回せないということです。しかも長期間のうちでつぶれてしまう会社があります。買った株の会社がつぶれると目もあてられない損失になってしまいます。

使える資金の中で株式会社を選ぶ

株式投資を行う際には、どのような銘柄を選ぶのかがポイントになります。多くの人が注目するのは、値動きが大きな大型株です。けれども基本としては、使える資金の中で購入できる株価となるような株式会社を選ぶことが大切です。値動きが大きいからといって必ずしも利益につながるとは限らないものです。むしろ見込みとは逆に大きく動く可能性も高まるために、結果として大きな損失につながるケースもあります。そのために資金が少ないのであれば、それほど大きく動くことのない価格帯のものを選ぶのがベストです。そのような銘柄を取引する中で次第に利益を積み重ねることができるようになれば、大型株へと移行する準備が整ったと見ることができます。初心者ならばこのような安心できる銘柄で勉強がてらに、小型株などを取引することが大切です。何事もまずは練習が必要ですし、投資ももちろん例外ではないものです。いきなり大きな資金を動かしたり、あるいは資金を目一杯使って価格の高い銘柄を無理して取引してしまうと、すぐに資金を失う可能性が高まります。投資活動には必ず損失を出すリスクが伴うものです。それを十分に理解できていれば、決して無理をせずに取引できるようになります。また、常に資金内で無理をしない取引をする癖を身につけることができれば、リスク管理が身につくようになります。投資活動はどのような取引に関してもリスク管理をどう行うかがポイントにたります。その方法は様々なので、できれば複数に分けて売買できるような銘柄を選ぶことが大事です。底値で買うのではなく、少しずつ相場の流れを見ながら購入したり、あるいは利益確定も少しずつ行うことを目指すことが大切です。

配当金の多い株を選んで買う

株式投資は売買益で運用する方法もありますが、配当金の多い株を購入して、利益を得る方法もあります。企業の株主還元に対する考え方は大きく分けて3つあります。一つ目は企業の業績を伸ばすことによって、株価を上げることを株主還元と考える方法です。一般的には企業の税引き後の純利益から配当金を出しますが、業績を伸ばすために、配当金を抑えて、その資金を設備投資や企業買収に使うため、業績が伸びても、配当金が少ないケースがあります。二つ目は配当性向を決めて配当金にする方法です。配当性向とは企業の税引き後の純利益の中から配当金の支払いをパーセンテージで表したものです。例えば、配当性向30%を配当金とすることを決めている場合、税引き後の純利益が1000万円であれば、300万円が配当金として分配されます。しかし、業績が悪くなると税引き後の純利益が少なくなるので、配当金も少なくなります。三つ目は業績がよほど悪化しない限りは一定額の配当金を出す方法です。配当金の多い株を選ぶには、配当性向を決めている企業か一定額の配当金を出す企業になりますが、配当性向を決めている企業の場合は業績に影響が出るので、決算発表はしっかり確認した方が良いでしょう。また、配当利回りが高くても、配当金の支払い期日は、年1回もあれば上期と下期の年2回の企業もあります。支払い回数が多ければ、一回に支払われる金額が少なくなります。例えば、配当利回りが3%で株価が10万円であれば、配当金は3000円になります。年1回であれば、3000円になりますが、上期と下期の年2回であれば、上期は2000円、下期は1000円のように合計3000円となるように支払われます。長期保有ではなく、権利確定日に株を保有して配当金を得ようとする投資家であれば、支払い期日はしっかり確認した方が良いでしょう。

●大きく株で儲けたいのなら「仕手株」はいかがでしょうか
●IPO株の詳しい情報サイトはこちらがオススメです
IPOの初値予想について
●自分にとって本当に得をする株主優待の内容かどうかを見極めましょう
自分に合った株主優待銘柄とは
●株選びに困ったら、自分以外の人の意見を見聞きするのも大切です
投資顧問